看護師転職トピック〜訪問診療と訪問看護の違い〜|看護師求人,転職,募集なら【ナースアシスト】

訪問診療とは?


診療計画を元にして、自宅にて療養している患者のところに直接かかりつけの医師や看護師が定期的に訪問し、診察や必要な医療行為を行うのが訪問診療です。

また、日々の生活でどのようなケアが必要かなどを家族と面談しながらサポートをしていきます。


患者の退院後など、何らかの理由で医療機関に通院することができない場合などに多く行われ、大きな手術等がなければ、大半の医療が自宅で受けられるようになっています。

医師は多くの場合、月に1〜2回訪問し定期的に患者の自宅を訪れますが、医師の指示に従って看護師も一緒に訪問し必要なケアを行います。

多くの医療機関では往診も行われていますが、往診は患者の容態が悪化した時や緊急の際に行われるもので、定期的ではなく突発的に行われることが多いです。

訪問看護とは?

同じく自宅で療養している患者のところに医師の指示をもって看護師が訪問し、患者の健康状態を把握しながら、検査や必要な医療処置を行います。

対象となるのは赤ちゃんから年配の方まで様々で、介護保険の要支援・要介護に認定された方も含まれます。

また、訪問看護での看護師の仕事は幅広く、患者本人だけでなくその家族へのケアやサポート、日常生活におけるリハビリなどのアドバイスも行います。
在宅医療は多くの患者が望まれることでもあるため、自宅で必要なサービスが受けられるよう適切な情報提供も欠かせません。
看護師だけでなくケアマネージャーや介護士などとの連携を取りながら支援していく場合も多いとされています。

2つの違いは何か

まとめますと、主に診療計画を元にして医療行為を中心としたケアを行っていくのが訪問診療です。

そして、看護師が医療処置だけでなく患者さん本人やその家族の心身のケアなどの必要なサービスを提供していくのが訪問看護です。

どちらも自宅で療養されている患者にとって必要不可欠な医療サービスとなります。

その他、ご不明点は....

【ユーザーサポート】「看護師の求人ならナースアシスト」への質問・ご意見などお寄せください。
◆お問い合わせ:oubo@p-assist.com◆TEL:0120-938-978