看護師転職トピック〜ブランクが有る看護師の転職活動〜|看護師求人,転職,募集なら【ナースアシスト】

職場によって異なるブランクの大きさ


看護師という職業は常にいろいろな作業をこなします。病院勤務であれば患者さんの世話やドクターの補佐などいろいろな業務内容があり、毎日変わる環境の中で仕事を行っています。

そのため、結婚や子育てにより職場を離れた場合にはブランクができてしまい、復職することは難しいと考える方が多いようです。




しかし、たとえブランクが空いてしまったとしても転職活動を行うことはできます。

病院であれば今までと同じ科に転職したり、患者さんのケアを中心とした科に変えるなどいろいろな勤務内容を考慮すればブランクを気にすることなく転職を行うことが可能です。

しかし今まで最先端医療や薬などのいろいろな内容を扱っていた場合には、ブランクが空いてしまうとその間に医療が進んだり種類が増えたりと、転職にあたりブランクを埋めるための勉強をしなくてはなりません。

同じ職場でも勤務内容で変わることもあるのです。

看護師の資格を活かして他の企業に転職する

ブランクがある看護師でも、きちんと資格として活かすことはできるので、転職の際に、こうした資格を活かせる別の職業を考えてみるのも良いでしょう。

たとえば介護施設での勤務や一般企業絵の転職です。

介護施設での勤務は、介護施設内の医療スタッフや治療に当たる看護スタッフとして勤務することができます。

また施設内で起きた体調の変化に対応するので病院よりも怪我や急病性も低く、ある程度落ち着いた環境で働くことができます。



一般企業への転職の場合では、医療機器メーカーでの仕事や治験コーディネーターや臨床開発の仕事があります。

医療機器メーカーでは実際に医療機器を使用した経験を生かすことができ、開発や使用方法デモンストレーションなどを行うことができます。

治験コーディネーターでは治験者のカルテ管理やデータのまとめなどを行い、患者さんの様子を記録したりします。

臨床開発ではモニタリングや薬の補填や回収などを行いながら開発に携わります。



こうした看護師の資格を活かした仕事はたくさんあるので、仕事に対する視野を広げることでブランクがあっても働ける職場を見つけやすくなります。

その他、ご不明点は....

【ユーザーサポート】「看護師の求人ならナースアシスト」への質問・ご意見などお寄せください。
◆お問い合わせ:oubo@p-assist.com◆TEL:0120-938-978