看護師転職トピック〜訪育児と看護師の仕事を両立するために 〜|看護師求人,転職,募集なら【ナースアシスト】

両立できる制度が整う病院も多い



現在は子育てのために育児休暇などを推奨している企業が多い中、女性が多くを占める看護師という職業でもこうした動きはきちんとあります。

個人の医院などでは働く人数や時間などを考えると簡単にはいかないこともありますが、大きな病院などでは看護師も仕事と育児を両立し、勤続年数を延ばすことができるように制度を設けていることが多いのです。

看護師だからといって「子供ができたら働けない」「子育てと両立はできない」という社会ではなくなったのです。





また看護師の人手不足もあり、進んで職場復帰してもらえるよう、各病院で色々な対策が取られています。

勤務時間の短縮や幼稚園のお迎え等に合わせたシフトに変えるなど、子育てを十分に行える勤務環境を考えられています。

このような環境整備は、復帰を望む看護師にとってとても働きやすいと言えるでしょう。



また病院によっては院内に託児所などの保育施設を完備している病院もあり、働いている間は子どもを保育施設に預けて仕事終わりに引き取るということが可能となります。

しかし、まだ保育施設を完備している病院の数はあまり多くありません。

保育施設が完備されていても中にはこれ以上受け入れができないというところも見られるので、応募する時に必ず空きがあるかどうか聞いておくことが大切です。

非常勤や休暇が取りやすい勤務体制も

子育てをしながら働く場合には、勤務時間が短くなってしまったり休みを取らなくてはいけない場合もあります。

そういう場合でも、子育て支援が充実している病院ではきちんと対策ができるようになっています。



例えば夜勤のみの勤務や、非常勤で勤務時間を短くするなど、働くスタイルを選ぶことが可能です。

夜間の短時間であれば昼間は子供と過ごしたり家事を行うこともでき、行事にも参加することができます。

非常勤ではシフトの調整ができたりと、働く側を考慮したスタイルに変えることができるのです。

その他、ご不明点は....

【ユーザーサポート】「看護師の求人ならナースアシスト」への質問・ご意見などお寄せください。
◆お問い合わせ:oubo@p-assist.com◆TEL:0120-938-978