看護師の転職時に有利な資格|看護師求人,転職,募集なら【ナースアシスト】

看護師の転職時に有利な資格


看護師の仕事をしていて、人間関係に悩んでいたり、待遇面があまり良くなかったり、さらにキャリアアップを図りたいと思い、転職を考える方も多いと思います。

しかし、転職することは容易なことではありません。

ただ単に転職をすれば、また同じような待遇が待っていたり、キャリアアップ出来ずにまた同じように働くことになってしまうかもしれないのです。

そのようにならないためにも、選択の幅が広がるような資格を取得しておくと応募できる求人も増え、他の求職している方よりも有利になるでしょう。
さらに取得しておくことで、選考時に有利になるだけでなく、手当による給与の増加や待遇面の向上、キャリアアップにもつながる可能性が高くなります。
そういったことも含め、転職を考えているようなら、ぜひ資格取得も視野に入れておきましょう。

有利になる資格とは?

それでは、実際にどういった資格を取得することで有利になるのでしょうか?

まず、専門性を高めてキャリアアップをしていきたい時には、呼吸療法認定士や褥瘡学会認定士、糖尿病療法指導士、専門看護師などの病気や療法に特化したものを取得しておくと良いでしょう。
病院よりも企業などで働きたい場合は、保健師や産業カウンセラーなどが有利になってきます。
特に保健師は、治療を専門としている看護師よりも予防や健康増進を中心としているため、企業の中で働きやすくなります。
また、ビジネスマナーやパソコンの知識もあるとより働きやすくなるでしょう。

高齢者の訪問看護などに携わっていきたい場合は、ケアマネージャーや認知症ケア専門士、福祉住環境コーディネーターなど、福祉関連のものを取得しておくと有利になります。
認知症に関するものは、需要も増えてきているので訪問看護や高齢者関連施設への転職にも有利になるでしょう。
この他にも医療や福祉に関連する資格は多数あるので、どんな仕事をしていきたいかを考えながら、資格についても考えてみましょう。

その他、ご不明点は....

【ユーザーサポート】「看護師の求人ならナースアシスト」への質問・ご意見などお寄せください。
◆お問い合わせ:oubo@p-assist.com◆TEL:0120-938-978